財産分与を算定する方法

スムーズに離婚を行うために重要と捉えられるのが財産分与の問題をスムーズにクリアにすることとなります。
財産分与は婚姻期間中に夫婦が協力して築いた財産を分割することであり、夫婦どちらか一方の名義となっている財産であっても財産分与の対象外となるケースが殆どとなっています。

婚姻中に夫婦が共同名義で購入し共有している財産や共同生活に不可欠な家財などは共有財産として財産分与の対象となりますし、夫婦が協力して貯めた預貯金や自動車などもどちらの名義であるかにかかわらず、財産分与の対象となります。


 

財産分与の算定方法ですが、基本的には夫婦の話し合いによって決められます。
分与の算定基準については夫婦が財産形成にどれだけ貢献したかによって決められることとなり、統計資料なども目安とされることが多くなっています。

夫婦の年齢、婚姻年数、資産や職業、家事や育児などが財産形成に貢献したと判断される材料となり、これらに加えて個別的な事情も考慮して財産分与の割合を決めていくこととなります。

夫婦共働きだった場合には基本的には財産分与は50%ずつとなりますが、専業主婦・専業主夫だった場合には家事労働のほうが低く評価されてしまうことがあるので注意が必要です。

Comments are closed.