婚姻中の財産とは

日本において婚姻がなされたというような場合には、その夫婦の間に三つの財産が生じます。
一つが「夫の財産」であり、もう一つが「妻の財産」なのですが、忘れてはならないのが「共有財産」と呼ばれるものです。
これは夫婦のどちらかに所有権があるというものではなく、二人がともに共有している財産であるというものです。
さて、ではこれにはどういったものが該当するのかと言うと、基本的には「婚姻後、夫婦いずれに属するか明らかでない財産」と「夫婦の合意によって共有とし、共有名義で取得した財産」、そして「結婚中に夫婦が協力して取得した財産であるが、夫婦の一方の名義になっているもの」というものがこれに当たります。
つまりマイホームや結婚中に貯蓄された財産などの場合、それは共有の物となりますから夫婦の双方が所有権を持つということになるのです。


その反面「結婚前にそれぞれが働くことによって貯蓄してきた財産」等の場合には「特有財産」とされ、本来の持ち主が財産の所有者であるというように認められるのが一般的となります。
婚姻生活が幸せに続いている間はさほど気にする必要がないというのが事実なのですが、何らかの事情によって離婚することになってしまった場合などには財産の所有権が争われるということも少なくありません。
「婚姻をするなら絶対に知っておかなくてはならない」という知識ではないのですが、こうした制度があるということ自体は頭の片隅に置いておくようにした方がよいでしょう。

Comments are closed.