慰謝料としての意味を含むもの

離婚の原因がどちらかの一方的な責任の場合には、財産分与の際に慰謝料に相当する部分を付加し分与する場合があります。
離婚における財産分与は、通常は双方に均等に分与されることが原則です。婚姻状態においてはそれぞれ共同で生活を行うために生産活動を行い利益を得て生活を営むものですが、これは双方の信頼と共存により得られたものだという定義からそのような解釈がなされます。


一方、慰謝料は精神的苦痛をはじめ、何らかの損害を被った側が損害を与えた側に対してその代償として請求するものです。その為、本来は財産分与と慰謝料は別に扱われるべきものと考えられます。
しかし、慰謝料も基本的に財産分与の中から支払われるという事が現実的であり、その為財産分与の際に慰謝料の分を含んで分与することが一般的となっています。これを慰謝料的財産分与といいます。この場合、基本的には離婚原因を作った方はその分与に対しての意見をいう事はできないのが一般的です。
また、この場合には財産分与に慰謝料を含んでいることを明確にしておかないと慰謝料が支払われていないと揉めることも有るので、慰謝料を含んだ財産分与であることを離婚協議書などに明記することが大切です。

Comments are closed.