夫婦が婚姻中に形成した財産を分ける場合

夫婦が離婚する場合、財産をどの様に分与するかは大きな問題です。離婚原因が浮気などで片方に責任がある場合には、責任のある方が慰謝料を支払うことになるものですが、厳密に財産分与とは、婚姻中に形成した財産をどの様に分与するかを言うものであるため、慰謝料とは別に扱われます。


財産分与にはいくつかの方法があります。その一つが、生産的財産分与といわれるものです。この方法は、夫婦が離婚してもお互いの生活を生産的に出来る様に、夫婦で築いた財産を平等に分与するものです。ここで夫婦で築いた財産というのは、婚姻してからお互いに生み出した財産の事を指し、個人の財産は含まれない点に注意が必要です。例えば、独身の頃から持っている貯金や、親から相続した財産などは含まれません。また、それぞれが所有する衣服なども含まれないので注意が必要です。
この財産分与の方法では、離婚の原因に関わらずどちらかに不利になるという事はありません。浮気などで離婚原因を作った方が分与が少ないという事は無く、平等に分与することが原則です。
但し、退職金や借金などについては時期やその用途などにより具体的にどれが相当するかは状況により異なる場合も有るので、弁護士に相談することが必要です。

Comments are closed.