離婚の際の夫婦の財産の分け方

空-虹財産分与とは、婚姻中に夫と妻とで築いた夫婦共同財産を清算することです。結婚中の財産とは一般的に、「共有財産」と「実質的共有財産」に分けられます。

共有財産は、夫婦の合意で共有とし、共有名義で取得した財産、共同生活に必要な家財・家具などを指します。実質的共有財産は、結婚中に夫婦が協力して得た財産で、夫婦の一方の名義になっているものです。
結婚前から各自で所有していたものや結婚中に一方が相続したり贈与を受けたもの、各自の装身具等社会通念上、各自の専用品と見られる「特有財産」は一般的に分与の対象にはなりませんが、配偶者がその財産の増加に貢献した場合は分与の対象に含まれることがあります。


 

夫婦で共同生活をしている間は、協力して財産を築いていき、多くの場合は夫名義の財産とされていますが、夫名義の財産とされていても、実質、妻の協力や貢献があって形成・維持されたものであれば、離婚の際に、貢献の割合に応じて清算されます。

分け方には、不動産や自動車等の財産を自分が持つ代わりに相手に金銭を支払う方法や対象となる財産を売却してその利益を分割する方法、現物を分与をする方法など、様々な方法があります。

分与をどのように進めていくのかというと、まず、夫婦間で協議を行います。当事者同士が納得すれば、当事者の合意によって自由に割合を決めることができます。協議を行っても決まらない場合には、家庭裁判所に請求の調停を申し立てることができます。調停が不成立の場合は、審判になります。離婚訴訟を提訴する場合は、同時に地方裁判所に申立を行います。